血魔法(鮮血魔法)

主な使用者:ラスティアラ、スノウ、ノスフィー、『血の理を盗むもの』ファフナー(ヘルミナ)、ティアラ
 基本の属性。


ブラッド

言及:235話
使用:236,293,311,327,335,373,385,394-395話
使用者:渦波(発動失敗)、ファフナー、ティアラ、ラスティアラ
 血属性の基礎魔法。

ブラッドアロー

使用:294,311,323,358,373話
使用者:ファフナー、ティアラ
 血の矢を飛ばす魔法。

ブラッドミスト

使用:311話
使用者:ファフナー
 ファフナーを中心に、徐々に血の霧が立ち込め始める。

ブラッドヒール

使用:294話
使用者:ファフナー
 ファフナーが使用した鮮血魔法。血の騎士たちが魔法で強化され、活き活きと動きを加速させていく。

ブラッドベイン

使用:325,336話
使用者:ファフナー
 ファフナーの纏う血の蓑が紐状となり、枝分かれし、モンスターの触手のように宙を泳ぎ始める。

ブラッドフィールド

使用:293,311話
使用者;ファフナー
 鮮血魔法に属する結界魔法。血属性の魔法使いに有利なフィールドにする。

ブラッド・クロスフィールド

使用:294話
使用者:ファフナー
 ファフナーが使用した鮮血魔法。血の池の赤色が増し、鮮血属性の魔法効果を増幅させる。

ブラッド・ウェアーズ

使用:321話
使用者:ファフナー
 ファフナーが使用した鮮血魔法。地下空洞内に残っている『世界樹』以外の血を全て身体にかき集めていき、大量の赤い血を纏う。

フーズヤーズ・ブラッド

使用:394話
使用者:ラスティアラ
 ラスティアラが使用した鮮血魔法。死した魂たちを誘導し、『血の人形』を作って中の術式を借りて、複数の魔法使いたちの『考えられる限りの最高の火の矢』を束ねた共鳴魔法《フレイムアロー》を撃ち出した。

相川渦波

使用:341話
使用者:ノスフィー
 ノスフィーが使用した鮮血魔法。相川渦波に自身を近づける。

アイカワカナミ/アイカワヒタキ

言及:304-305話
使用:227話
使用者:ノスフィー
 ノスフィーが使用した鮮血魔法。『異邦人』の兄妹に自身を近づける。

ウィル・リンカー

使用:117話
使用者:ラスティアラ
 ラスティアラが使用しようとした鮮血魔法。リーパーの『深淵次元の真夜』によって魔法は霧散した。
 前々代『最強』の妹として、テイリ・リンカーという人物が登場している。
 また、スノウの回想にかつての『最強』にして『エピックシーカー』の設立者としてウィル・ウォーカーという人物が登場している。

エルメスミア・リンカー

使用:294話
使用者:ファフナー
 ファフナーが使用した鮮血魔法。
 数体の血の人型を生み出す。回復系の魔法を専門にしている腕の立つ軍医たちらしい。
 《ウィル・リンカー》やテイリ・リンカーの先祖。

フェンリル・アレイス

使用:109,139話
使用者:ラスティアラ
 血に宿る記憶を流し込み身体を剣聖フェンリルを完全に再現したものに変化させる。
 使用している間は鈍色の目に栗色の髪へと見た目も変わり、フェンリルの剣術の経験を得る。

仮想ローウェン・アレイス

使用:144話
使用者:ラスティアラ
 ラスティアラの使用した複合鮮血魔法。『昨日の特訓』の成果を魔法にしたものらしい。
 『昨日の特訓』とは139話で渦波がローウェンの剣術をラスティアラに教えた訓練のことだと思われる。

ハイン・ヘルヴィルシャイン

使用:111,146話
使用者:ラスティアラ
 ラスティアラの使った鮮血魔法。双剣の専門家から助言を貰い、双剣の全てを見切る。

ティアラ・フーズヤーズ

言及:277話
使用:273話
使用者:ラスティアラ
 ラスティアラが使用した鮮血魔法。自分を聖人ティアラに近づける、『再誕』のための魔法。

フライソフィア

使用:109話
使用者:スノウ
 鮮血魔法。スノウが『竜化』に使用した。

フライ・ハギアソフィア

使用:スノウ5話
使用者:スノウ
 古代鮮血魔法。スノウif3話にて、『竜化』を抑えることを止めたスノウが使用。
 人生そのものを代償にして構築される、世界の守護者(『理を盗むもの』『使徒』『異邦人』)と戦うために身を捧げる魔法。
 この魔法による『竜化』の鱗の硬度は、『地の理を盗むもの』ローウェンの『不砕の水晶』のそれと拮抗していた。

フライ・ロスソフィア

使用:396話
使用者:セルドラ
 古代魔法。セルドラが『竜化』に使用した。
 部分的な変化が可能。スノウのものを遥かに上回るサイズの片翼を僅かな時間だけ出し、僅かに羽ばたいただけの『竜の風』でスノウの飛行魔法の『竜の風』を相殺して浮力を奪った。

新暦二年西聖戦初期・八千八共鳴の矢(フーズヤーズウェストワン・クアドラエイト・カノン)

使用:335話
使用者:ファフナー
 ファフナーによる魔法名の宣言と共に、ディアの《フレイムアロー》にも負けない魔法の矢――別種の熱光線が《フレイムアロー・守護炎》の白い繭を突き破ってノスフィーに対し放たれた。
 だが、ノスフィーの補助を受けて安全に『竜化』したスノウの《ドラグーン・アーダー》によって逸らされた。

新暦九年南北境界戦争開始(レヴァンシズ・ボーダーファースト)

使用:311話
使用者:ファフナー
 ファフナーの使用した鮮血魔法。

新暦十三年南北境界戦争終焉(レヴァンシズ・ボーダーラスト)

使用:311話
使用者:ファフナー
 ファフナーの使用した鮮血魔法。

二百十四年南西解放戦線(ヴァルトフロント・シークセカンド)

使用:293話
使用者:ファフナー
 ファフナーが使用した鮮血魔法。
 大地から汲み上げた『血』を受け止め、一瞬だけ真っ赤に染まり、塗り絵をやり直したかのように別人になっていく。
 身体に戦争一つ分の死者を収めることで、軽く人間一万人分の密度があり、鉄以上の硬さをもち、死んだ剣士から技を借りることもできる。ただし、死者の技を全て使いこなすことはできない。
 地面と接していないと使えない。そのため、足を地面から離させることができたなら、この強化魔法の効果は激減する。

ヘルミナ・ネイシャ

使用:293話
使用者;ファフナー
 ファフナーの使用した鮮血魔法。『血の理を盗むもの』ヘルミナ・ネイシャに近づく。

生きとし生ける赤(ヘル・ヴィルミリオン・ヘル)

使用者:ファフナー(ヘルミナの代行)

  • 最終更新:2018-07-02 11:40:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード