天上の七騎士


ペルシオナ・クエイガー

【性別】 女性
【年齢】 26歳
【誕生日】3月2日
【身長】 180cm以上(おそらく女性キャラ最長身)
【二章】 序列一位(総長) 【三章】 序列一位(総長) 【六章】 『本土』に呼び戻され脱退
【クラス】 騎士
【素質】 1.56
【先天スキル】 なし
【後天スキル】 剣術 神聖魔法
【役割】 『天上の七騎士』総長
【人物イメージ】 総長さん 黒の全身鎧と高身長と低い声のせいで男と思われがち 努力家のお堅い騎士様 尻尾みたいな髪でプロポーションよしのお姉さん 大聖堂と舞闘大会でカナミに敗北
 先天スキルが無く、どちらかというと努力の人。ハインの剣の師匠。
 二章の最後にカナミが求めていた「確固とした自分を持っている大人」。お持ち帰りされていたら、それはそれで色々と解決していたらしい。
 『魔人返り』の姿はケンタウロス。

 Q>ペルシオナさんケンタウロス化してるようですけど下半身どうなってるんですかね?
 何も対策してないと戻ったときに丸出しになってしまうんですけど・・・
 A>下半身馬です。戻ったとき丸出しですね。


【ステータス】
 名前:ペルシオナ・クエイガー HP421/434 MP105/105 クラス:騎士
 レベル27
 筋力10.98 体力9.72 技量8.55 速さ10.09 賢さ9.32 魔力6.56 素質1.56
 先天スキル:
 後天スキル:剣術1.88 神聖魔法1.95

ハイン・ヘルヴィルシャイン

【英語表記】(不明) Hellvilleshine
【性別】 男性
【年齢】 22歳(大学生のお兄さんぽく見える)
【誕生日】8月17日
【身長】 180cm前後
【二章】 序列二位→死亡
【クラス】 騎士
【素質】 1.98
【先天スキル】 最適行動 風魔法
【後天スキル】 剣術 神聖魔法
【役割】 『天上の七騎士』
【人物イメージ】 理想の騎士さん けど、夢見がちで乙女回路全開な人 ラスティアラとカナミを幸せにすることに命を賭けて死亡 その死体は友であるパリンクロンの手に
 混じりけのない金の髪を垂らす美丈夫。
 貴重なシスコンじゃない兄(弟)キャラ。
 パリンクロンとは親友だった。パリンクロン、ハイン、レイル、グレンの四人は幼馴染だったらしい。
 ラスティアラの乙女ちっくお花畑メンヘラ恋愛観や、世界を物語視点でしか捉えていない価値観は、彼の教育のせい。
 教育係に選ばれた当時は、フーズヤーズには彼が完璧な騎士っぽく見えていたらしい。

 Q>今の物語とは全く関係ないんですがそういえばカナミがあのタイミングで目覚めてしまったのってティアラになる前のラスティアラが迷宮に入ってしまったからでしたよね?
 あれ?実はカナミさんのせいじゃなくてハインさn
 A>ハ、ハインさんがいなくても、たぶん勝手に入ってた……はずだし!

【ステータス】
 名前:ハイン・ヘルヴィルシャイン HP321/333 MP34/102 クラス:騎士
 レベル24
 筋力10.21 体力8.95 技量9.29 速さ11.88 賢さ12.21 魔力7.77 素質1.98
 先天スキル:最適行動1.21 風魔法1.77
 後天スキル:剣術2.02 神聖魔法1.23

モネ・ヴィンチ

【性別】 男性
【年齢】 42歳
【誕生日】10月31日
【身長】 173cm
【二章】 序列三位 【三章】 序列二位(副総長) 【六章】 『本土』に呼び戻され脱退
【役割】『天上の七騎士』副総長
【人物イメージ】 副総長 苦労性のお父さん的な騎士 カナミには魔法に特化した騎士と思われて《次元の冬》であっさりやられた
 ハインの魔法の師匠。

セラ・レイディアント

【性別】 女性
【年齢】 19歳(大学生のお姉さんぽく見える)
【誕生日】2月14日
【身長】 170cm台半ば
【二章】 序列四位→脱退 【六章】 再加入→序列不明
【クラス】 騎士
【素質】 1.57
【先天スキル】 直感
【後天スキル】 剣術 体術(六章) 魔法戦闘(六章) 神聖魔法 鼓舞(六章)
【役割】 元『天上の七騎士』
【人物イメージ】 裏切ってラスティアラに忠誠を誓った 青い狼の獣人 可愛い女の子が好きで、男を汚らわしく思ってる カナミに似た正義感を持ってる もしかしたら、サブヒロイン
 青みがかった銀色の髪を持つ、若い獣人の女性。
 才能はあるけど単細胞。
 『直感』はあたるが、結果を理知的に解釈できないのが悪いところ。
 嘘をついているかどうか分かるスキルだが、31話の際は感情がそれを邪魔している。『直感的に』キリストをお嬢様を奪う敵だと認識していたらしい。
 四章の頃は、自分のほしかったものを全て持っているカナミを嫉妬し、恨み、あこがれている。また、四章時のパーティーメンバーの中で唯一アイドの回復魔法の影響が全くない人物。
 渦波が眠っていた一年で、心身ともにバランスよく成長した。
 カナミさんが心の中で褒めてる女性は彼女だけ。カナミとは性格や趣味の設定上の類似点が凄い一杯あるので、本当にお似合い。二人でいつまでも楽しくお喋りできるらしい。
 ラグネのことは、上司として最低限のこと以外知らなかった。

【ステータス】
 名前:セラ・レイディアント HP256/256 MP101/101 クラス:騎士
 レベル21
 筋力6.22 体力7.91 技量8.89 速さ10.02 賢さ5.60 魔力7.77 素質1.57
 先天スキル:直感1.77
 後天スキル:剣術2.12 神聖魔法0.89

ラグネ・カイクヲラ

【性別】 女性
【年齢】 14歳
【誕生日】 2月29日
【身長】 155cm
【二章】 序列五位 【三章】 序列三位 【六章】 序列一位(総長) 【七章】 死亡
【クラス】 騎士
【素質】 1.12
【先天スキル】 魔力操作
【後天スキル】 剣術 神聖魔法
【魔力】 属性:月/色:なし/性質:鏡
【役割】『天上の七騎士』
【人物イメージ】 魔力物質化のできる少女騎士 「っす」口調 若い 可愛い カナミには決闘で一方的に負けた
 『数値に表れない数値』の総合値が登場人物の中で一番高い、奇襲特化の騎士。渦波と同じ「他人の『理想』を映す体質」を持つ。
 渦波の《ディメンション》に対し相性がよく、渦波は最初のラグネとの一対一でラスティアラがいなければ負けている。本気になられれば殺される危険性さえあった。また、三章末でエルミラードに『ローウェン』を奪われていなければ、カナミに返すふりをして刺殺していたらしい。
 『魔力物質化』はローウェンと同じもの。アレイス家の血が混じっているが、基本的には普通の生まれの普通の子。カイクヲラ家の養子。
 渦波と同じく中二病を深く患っているが、それを自分自身で非難するまともさがある。小説とか劇とか好きなくせに、自分自身で面白くないと決め付けている感じ。劇とかみると空気読まずに御約束シーンで「え、なんでそうなるの?」と言っちゃう人。

 『大災厄』(『世界奉還陣』)の後、ティアラから『数値に現れない数値』の他に『スキル名のないスキル』を教わっていた。
 その中にあった『不意討ちの極みともいえるスキル』と、『未来予知』とノスフィーとの戦闘での消耗で渦波の意識が朦朧としていたこと、渦波の信頼を得たこと、渦波が味方の未来をさほど追っていなかった(追えなかった)ことで未来予測から外れられたことの三点によって、渦波に対する不意打ちを成功させ、『魔力物質化』の剣複数の浮遊・投擲による連続攻撃で渦波を殺害した。
 心の折れたノスフィーから『理を盗むもの』たちの魔石を奪い、『ローウェン』と合わせて四つ(地、木、風、闇)の魔石と自身の魔力の『鏡』の性質を利用して強引に『親和』し、『星の理を盗むもの』を自称する。→『月の理を盗むもの』

【ステータス】
 名前:ラグネ・カイクヲラ HP152/153 MP34/34 クラス:騎士
 レベル16
 筋力3.22 体力3.91 技量11.23 速さ5.22 賢さ7.12 魔力1.52 素質1.12
 先天スキル:魔力操作2.11 
 後天スキル:剣術0.52 神聖魔法1.02

ホープス・ジョークル

【性別】 男性
【年齢】 33歳(壮年の男、という描写)
【誕生日】 2月4日
【身長】 180cm
【二章】 序列六位 【三章】 序列四位? 【六章】 不明
【クラス】 騎士
【素質】 1.12
【先天スキル】 武器戦闘 工作
【後天スキル】 剣術 神聖魔法(0.00)
【役割】 『天上の七騎士』
【人物イメージ】 飄々として人生楽しんでるおっさん かなり頼りになる騎士 カナミには決闘で一方的に負けた
 白髪交じりの壮年の男性。
 スキルの『神聖魔法0.00』は、魔法は使えないが筆記試験は満点という感じらしい。とても努力家という設定。

【ステータス】
 名前:ホープス・ジョークル HP253/282 MP0/0 クラス:騎士
 レベル20
 筋力4.41 体力6.25 技量11.72 速さ8.21 賢さ13.41 魔力0.00 素質1.12
 先天スキル:武器戦闘1.89 工作1.45
 後天スキル:剣術0.78 神聖魔法0.00

パリンクロン・レガシィ

【性別】 男性
【年齢】 (30手前に見える。年齢不詳な感じ)
【誕生日】 8月15日
【身長】 178cm程
【二章】 序列七位→脱退 【四章】 死亡
【クラス】 騎士→なし(二章ラスト)
【素質】 1.80(神童)→4.89(神話に届きうるレベル)
【先天スキル】 観察眼
【後天スキル】 剣術 神聖魔法 精神魔法(二章) 体術 呪術

フランリューレ・ヘルヴィルシャイン

【英語表記】(不明) Hellvilleshine
【性別】 女性
【年齢】 16歳
【誕生日】 7月7日
【身長】 170cm(ラスティアラと同じ)
【三章】 加入→序列六位 【六章】 不明
【役割】 貴族で探索者でお嬢様
【人物イメージ】 ですわ口調のカナミに惚れちゃった子 貴重な金髪ツインテ ふざけているように見えて、実は芯が強い常識人 のちに『天上の七騎士』になる
 作者曰く、「彼女だけは裏がありません」「裏なしに登場させたのは彼女くらいです」らしい。
 義弟のライナーと仲がいい。
 心の強さは正方向だと暫定一位。歪んでる人たち入れると暫定四位くらい(7-1章時点)。
 ステータスは7-3章現在不明だが、才能豊からしい。三章のカナミ視点の文章から、その時点で1.00未満(『表示』されないレベル)の『体術』を保有していると思われる。
 『素質』はライナーよりも高いらしいので、1.90~1.99のどこかだと思われる。
 愛の重さは若干ラスティアラより重いぐらい。
 渦波に惚れているが、お嬢様然とした子が苦手な渦波からは避けられている。

ライナー・ヘルヴィルシャイン

【英語表記】Liner Hellvilleshine
【性別】 男性
【年齢】 13歳
【誕生日】 1月8日
【身長】 158cm
【三章】 加入→序列七位 【四章】 不明(離脱?)
【クラス】 騎士
【素質】 1.89→3.87
【先天スキル】 風魔法
【後天スキル】 神聖魔法 剣術 血術(五章) 魔力操作(五章) 集中収束(五章) 最適行動(四章) 不屈(五章) 悪感(七章)
【役割】 主人公と親しい騎士
【人物イメージ】 自己評価が低い卑屈な少年 大貴族の養子 義兄が大好き いまは義兄の残したキリストとラスティアラにこだわっている
 普通の生まれの普通の子。ヘルヴィルシャイン家の養子。
 ブラコン。シスコンだが、アイドや渦波と比べるとノミ程度のもの。
 無自覚ドMで、幸せより義務をとるタイプ。努力系の万能主人公をイメージしたキャラ。みんなの思いを一つに!担当。
 渦波の影からサポートしてくれる友人枠で、ストッパー。恋沙汰に興味がなく、甘い展開が嫌い。
 他人本位な癖に、他人の気持ちがわからない。自分が正しいと思ったことをやりきるタイプなので、大変迷惑。自分が一番常識的と確信している。案外抜けている所がある。
 卑屈で自己評価が低く、自分自身をゴミクズだと思っている。初期は自殺願望や破滅願望を抱えていたが、7-1章までに消えている。
 他人に対しては無関心という評価が多く、代わりに好きな人相手ほど悪口を言うツンデレ。

 ヒロイン達への印象は、やばい女(ラスティアラ?)、恐ろしいやつ(ディア?)、地獄のような女(マリア)、ろくでもない女(スノウ?)、小さいのに大人だ(リーパー)。
 ティアラには記憶の預け箱としてモノ扱いされている。
 フェーデルトとは男同士で通じ合うものがあり、実は仲がいい。
 描写されていないだけで、学院の方にまともな男友達がいる。

 義兄を失ったことで覚醒し、精神の強さではトップクラス。主人公補正付きの成長キャラ。ただし、運は悪い。かなり災難なスキル構成になっている。才能がないという才能がある。
 パリンクロンと同じく世界否定組なので、世界を認める必要がある『感応』の習得は絶対に無理。
 ティアラの特訓を受ける前から、死にかけるような特訓はしていたタイプ。幼少頃から死にかけ慣れているらしい。
 『ルフ・ブリンガー』(ティアラが作りティーダが使った、持ち主と共鳴する魔剣)と親和性があり、相性抜群らしい。
 ハイリ吸収後の『筋力』の上昇率は×0.6。

【ステータス】
 名前:ライナー・ヘルヴィルシャイン HP142/172 MP23/50 クラス:騎士
 レベル12
 筋力6.12 体力4.52 技量5.01 速さ6.92 賢さ6.53 魔力3.88 素質1.89
 先天スキル:風魔法1.12
 後天スキル:剣術1.23 神聖魔法1.02

  • 最終更新:2018-11-26 00:31:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード